中村信一切り絵の世界 私の作品集です

去年の9月第二回の個展を開きました!!

第二回の個展の作品はこちらをクリックしてご覧下さい!

第一回の個展の作品はこちらをクリックしてご覧下さい!

私の作品集です! 7月13日に更新しました!

画像はクリックすると大きくなります。



                
     ーーー今年4作目の作品ですーーー
最近は切り絵をする時間も短くなり(根気と気力の衰え、他の趣味との競合)ましたがようやく4作目が完成しました。
以前から温めていた構想で、興福寺金堂建設工事見学会で見た地上30mからの五重塔・東金堂です。アングルとしては滅多に撮れないアングルです。
今回は渋紙を使いモノトーンで仕上げてみました。建造物か少し明るすぎるのですが渋紙は時間の経過と共に黒くなってきます、その段階になると又感じが変わってきます。
秋の展覧会に出品する予定です。その前に読者にはお披露目します。

                  
                 


  ーーー作品のCDカバーですーーー
前回UPした作品について、切り絵仲間から「スメタナ交響詩 我が祖国 全曲」のCDをわざわざ送っていただきました。
この楽曲は南ボヘミア地方・チェスキークロムロフを含む地方を思って、チェコの生んだ大作曲家スメタナの代表曲です。 特に第二楽章「モルダウ」は合唱曲として多くの人たちに歌われています。
折角頂いたCDに晴れ着を着せてあげようと私の作品をプリントしました。併せてカバーもプリントしましたのでご覧下さい。

                  
                     


ーーー久しぶりの新作ですーーー
今年の2作目です。私としては今までの1番の大作と思っています。
元絵は現地で求めた絵はがき、切ってみたいとの想いでイメージを考え、川の内側は着色、回りをモノトーンでと言う構想はすぐに出来ました。
下絵にもずいぶん時間がかかりました。完成した下絵に色付けをし自分のイメージを確かめました。
そして切り出す前に使用する紙を何にするか、どのような順序で切るか、一部分を試作してみたりして色々試行錯誤してようやく完成しました。
想いから完成まで10ケ月ほどもかかってしまいました。でも完成してみると当初の想い通りで満足感を味わっています。
タイトルは「チェスキークロムロフ俯瞰」としました。モルダヴァ川に囲まれた小さな街チェスキークロムロフ、 スメタナ作曲の「我が祖国」「モルダヴウの流れ」と言う曲を思い出させる風景です。

                  
                 


ーーーもうすぐ3月ーーー
今日の作品はお雛さん。飾ってもらえる期間が短いのですが折角の季節の作品です。せめてHPの世界で少し飾ってもらいます。
色紙のままの作品と、アクリの額に入れた作品です。

                 
                     


ーーー今年最初の作品ですーーー
昨年暮れ、頂き物の包装紙が美しかったので切り絵にしてみようと思い作品にしました。絵柄はそのまま頂きましたが色紙の大きさの部分作品としました。
包装紙の作品は日本画と思われる作品です。雪の積もり具合、花や葉、軸と雪との絡み具合は少しアレンジしました。タイトルは「雪椿」です
原画(右)、作品(左)両方アップします。比べてご覧下さい。

                
                     


ーーー来年のカレンダーを作りましたーーー
昨年、マイカレンダーは中締めと言うことでお仕舞にするつもりでしたが、読者のご要望もありもう1年何とか作ろうと思い来年のカレンダーを作りました。
タイトルは「おもしろ水族館・着物を着た魚たち」と言うことで魚たちに千代紙の着物を着せました。色々な魚を作りましたがお目にかかれるのは一部です。 ご覧下さい。

                
                         
                         
                         

ーーー今年最期の作品ですーーー
今年は切り絵作品が少し少なかったのですが、6作目です。
来年のカレンダーとして「おもしろ水族館・着物を着た魚たち」とすると決め、資料を探している内に、このシリーズの最初に作った作品の千代紙が出てきました。 今までと装丁を変え色紙額に納まるように作りました。ご覧下さい。
               
                     

    ーーー来年の年賀状用画像ですーーー
毎年同じ図柄の賀状が11年、来年で一回りします。でも毎年切り直しているのですよ
               
                     

   ーーー早くも来年のカレンダーですーーー
私の教室では毎年の慣例となっているカレンダー色紙の、来年度・2017年(平成29年)酉年の教材作品です。教材に出すより前に一足早く公開します。
               
                         

ーーー秋の小さい作品ーーー
9月22日(木・祝)から始まる切り絵グループshu展の課題作の作品です。はがきの大きさで題名は「秋」
出展者それぞれの「秋」を展示します。そのほか各人のユニークな作品が展示されます。詳しくは私の「雑記帳」のページをご覧下さい。
               
           

ーーー最新作ですーーー
夏前の花の代表として「あじさい」があります。切り絵の題材としてもよく使いますが少し細かいので簡略化してしたりして下絵を作ります。
今回の作品は以前同じような作品を作ったのですが、下絵を一から描き直しました。内側のガクアジサイをカラーで造り、外側は普通のあじさいを半透明なペーパーで切り抜きました。
今回はパネルライトを使用し内側からライトアップした作品としました。
上段は完成作品、壁に飾ったり衝立として鑑賞できます。下の右端は内側のガクアジサイの作品、真ん中はライトアップしないで見た作品、外側のあじさいの様子がよくわかります。 左は両方の花が重なってライトアップしたときの作品です。それぞれの写真をクリックして大きくしてご覧下さい。

                               
           

                             


  ーーー夏用の作品ーーー
少し前の作品ですが数少ない夏の花の一つ「ひまわり」です。
花としては荒削りの大きな顔をした大柄な存在で、日陰に可憐に楚々と咲く花、とは大違いですね。漢字で書けば「向日葵」ですが「日回り」「ヒュウガアオイ」 のほかにも「日輪草(ニチリンソウ)」や「日車(ヒグルマ)」等と呼ばれているようです。
よく太陽の方向を向いて咲く花と聞きますがそれは一時期のみで花が咲く頃からはそういう動きはしないと言うことです
花言葉は「私はあなただけを見つめる」ですがお日様につれて動くようでは「私は誰もを見つめる」と変えた方がよいのでは・・・・だから花か゛咲く頃に動きを止めるのでしょうか                                
           

               ーーーはがきの作品ーーー
先日奈良の地酒、豊沢酒造醸造の日本酒「豊祝」「貴仙寿」の夏限定2本セットをゲットしました。
その瓶の布で出来ているラベルを外すとコースターになると言う優れもの。
切り絵に合う絵柄だったので、メーカーさんには申し訳ないですが文字部分をカットして、はがきの大きさの作品にしてみました。
紺色の紙と渋紙の2種類を使いましたが紺色の方がよかったようです。特に白い額に入れてみると映えました。ご覧下さい。                                   
                         
              
                             

ーーー今が旬の あじさい ですーーー
町を歩いていて見た風景を作品にしました。それはあるお宅に咲いていた「がくあじさい」です。ひとかたまりに咲いていてまるで大きなあじさいがそこにあるように見えました。
それを何とか表現できないかと考え、作品を二重に重ねて、しかも外側のは透き通って見える紙を使って見ました。マットも楕円形にしてみました。
想いが満たされた感じに仕上がり私の自慢作品の一つでしたが、お嫁入りしました。
作品の左は二重のあじさい、右側は内側のガクアジサイです。

             
                         


    ーーー新作の発表ですーーー
昨年4月、興福寺中金堂再建工事現場を見学したときの、下小屋での作業の様子を撮影してきました。
その写真をアレンジし切り絵にしました。槍カンナを使って材木を削っていた大工さん二人と、囲い塀にあった竣工図を組み合わせました。 タイトルは「宮大工」です。

                    


    ーーー五月の作品です(その2)ーーー
最近携帯をスマホに変えたのでその対応に追われていました。一応それなりに使えるようになったので切り絵もやらなくちゃと作品を作りました。
この作品はあるお店の開店8周年記念として進呈するものです。
フクロウの当て字ですが、
福ろう→→福くる
富来ろう→→富くる
不苦労→→苦労なし
と言うようにおめでたい鳥です。

                    

    


    ーーー五月の作品ですーーー
今日から五月、風薫る五月と言うにふさわしい良いお天気です。作品は少し前の作品ですが季節感としてUPしました。丁度頂いた菖蒲?と併せて我が家の玄関を飾っています。
以前行った京都伏見の藤森神社が端午の節句の発祥地だとなっていましたが、男の子を持つ親、じじばばは、神社へお参りに来られる方も多いのでは。

                        

    


    ーーー久しぶりの新作ですーーー
白黒作品は久しぶりですが、寺院の建物はやはり白黒が似合うようです。
今回の作品は奈良・興福寺南円堂ですが、このアングルは通常では見れません。昨年4月、現在再建中の中金堂の現場見学会の際、足場の上から撮影したものです。
滅多にみられないアングルですので大切に保存しています。