中村信一切り絵の世界

私の雑記帳です。4月26日更新しました!

雑 記 帳



平成29年4月26日(水) 

本来なら今日から所用で東京、信州方面へ行く予定でしたが体調不良のため取りやめにしました。風邪が元ですが私の場合呼吸器に障害が出るので困ります。
今は桜が終わりましたがあちこちのお宅で花が美しく咲いています。
我が家の「カイドウ」も終わり少し寂しくなりましたが、今は鉢植えの「君子蘭」や「スミレ」の花が咲き「シラン」がつぼみを付け始めています。
我が家のシランは一般的な赤紫の花と、少し珍しい白色の花のが有ります。もう少し経てばきれいに咲くのでその時又UPします。                   

                                 
君子蘭
少し満開が過ぎました。
雪の下
もう少ししたら白い可愛い花が咲きます。
山椒
こんなきれいな葉もある日突然丸裸にされてしまいます。

                                                
スミレ
種が飛んだのかずいぶん増えました。
ご近所の花飾り

  平成29年4月21日(金) 

先日、大阪の天神橋六丁目(天六)に有る「大阪くらしの今昔館」と言うところに行きました。外国の人たちが一杯でどこかで借りたのでしょう浴衣風の着物を着ている人も大勢いました。
ここは、江戸時代のなにわの街の様子が実物大の大きさで再現されており、色々なお店や町屋の様子が見れました。
日曜日だったのでイベントとして「座敷舞」と言う舞踊が実演されていました。三味線の響きと謡いに乗せて非常に上品な踊りを見せていただきました。(写真は禁止)
別のフロアーには「モダン大阪」として明治・大正・昭和の暮らしぶりと当時の街の様子の模型が展示されており一見の価値がある施設でした。                                                    
江戸時代の浪速の町(イラスト)展示室上階から見た町屋の様子火の見櫓も再現されています


平成29年4月15日(土) 

斑鳩文化振興財団(いかるがホール)の切り絵講座、今年の教室が先週土曜日から始まりました。今年は総勢26名という大所帯となりました。
切り絵というものがどんなものか、を知っていただくために開催している講座に大勢の方が参加していただけて講師としてうれしく有難いことです。 来年3月まで12回の日程で行い、3月には又発表会が出来ることを楽しみにしています。
写真は今年最初の教室の一コマです。
併せて今我が家に咲いている花です                       
                               
今年最初の教室です

                                                 
花カイドウ
今年は花も一杯しかも色が濃かったようです
花ニラ名前はわかりません


平成29年4月14日(金) 

斑鳩美術協会展が今、いかるがホールで開催中です。16日(日)16時までです。
絵画(洋画)、書、陶芸、写真、切り絵、染色などの力作が展示されています。是非ご覧下さい。
内切り絵の作品をUPしました。私の作品の詳細画像は「私の作品」のページでご覧下さい。
                      
               
左から濵田さん、森本さん、そして私、それぞれの作品です


平成29年4月11日(火) 

今各地で桜が満開のようです。でも残念ながら今日は雨、おまけに風もあるという花散らしとしては申し分の無い条件ですが、場所によってはまだまだ鑑賞できるのではないでしょうか

先日行われた斑鳩文化講座の発表会の模様が朝日新聞地域情報紙「週刊あさすぽ」に掲載されました。昨年に続いて掲載していただき関係者としては感謝です。
作品の詳細はTOPページのクラブ紹介→斑鳩町文化講座切り絵講座のページでご覧下さい。

さらに明日12日~16日迄「斑鳩美術協会展(於 いかるがホール)」が有ります。切り絵部門も3点あり私は最新作(未公開作品)を出展します。お時間とれればご覧下さい。

                      
               
掲載紙面

                    
担当記者の説明記事


   平成29年4月2日(日) 

金曜日、切り絵仲間が出展している展覧会を見るため京都市立美術館へ仲間の人たちと京都へ行きました。あいにくの雨で前日に比べ気温もずいぶん下がり 肌寒さを感じました。
昼食は京都の町をよく知っている仲間の一人が手配し予約しておいてくれました。美術館の近く白川沿いのこじんまりした「三味洪庵」と言うお店です。 本来は京の町家で母から娘へと代々受け継がれていたおかず、ちりめん山椒、西京漬け、棒鱈、塩昆布、小だこ等「おぞよ(御雑用)」と言うそうですが それを作っているお店が食事も提供しているという所でした。いかにも「京都」と言う雰囲気と食事を頂き外は寒かったですがお腹と心は温かくなりました。
30日に見た奈良の「氷室神社の枝垂れ桜 」の写真共々ご覧下さい。

                                     
食事の最初の前菜?
この後鴨鍋、魚の西京味噌漬け等盛りだくさんでした。

                                              
氷室神社の枝垂れ桜
まだ少し早いかな?
桜に比べ木蓮は盛りでした


                   平成29年4月1日(土) 

今日から4月、今年は気温が安定せず寒かったり暖かかったりして桜も咲き出すのが少し遅いようです。
一昨日奈良では早咲きで知られる「氷室神社の枝垂れ桜」を見に行きましたが例年に比べ少し遅くそれでも3分~4分咲きぐらいでした。

少し遅くなりましたが前回の旅の続きをUPします。
今回の旅はミステリーツアーとあって普通の観光地ばかりでなく、通常の旅行ではあまり行かない所に行くと言う趣旨も有るそうです。
宿泊した下呂から中津川方面へ抜ける途中のどかな田園風景の中にそびえる樹齢千数百年という「国指定天然記念物加子母大杉」によりました。 樹高30.8m、根回り20m、目通り13mと言う大杉で地元ではパワースポットの一つと言われているそうです。
次いで「出雲福徳神社」と言う恵比寿様と大黒様の石像のお腹を触ると宝くじに当たるという事がマスコミや口づてに伝わり県内外から参拝者が多いそうです。 私達が寄ったときも県外ナンバーの車が数台停まっていました。車でないと来れない場所です。
さらに進み木曽11宿の1番南の馬込宿の石畳の道を坂道を上らなくて良いように上から下へ通り抜け、最後に「恵那 銀の森」と言う地元の食品メーカーの 経営する和洋菓子、恵那の特産品などをそろえている観光の森へ行きました。
バス移動であまり疲れるはずのない旅でしたが、帰ってくると少し疲れており、年齢を感じる様になりました。
旅の写真を掲載します。ご覧下さい。

                                    
加子母の大杉馬込宿石碑宿場町の様子

                                       
宿場町の様子銀の森の中のオブジェこれは虎?ライオン?熊?


  平成29年3月28日(火) 

先週、某旅行社のツアーに行きました。最寄り駅の王寺駅発着でしたが今回はミステリーツアーと言うことでどこへ行くかが不明でした。
色々予想して信州か、美濃方面かなと思ってました。進んでいく内にどうも高山か下呂当たりだなと想像していましたが、案の定下呂温泉でした。
途中犬山城下町市街を散策し早めの宿泊所着でした。下呂のお湯に3度もつかってきました。
明日のことは次回に回します。                                     
国宝犬山城天守4月に行われるお祭りの「からくり山車」の模型宿泊したホテル

                                       
ホテルの露天風呂
下呂の温泉街が一望
斜面に建つホテルの斜行エレベーター
小さいケーブルカーです
メイン階段
1階から8階まで続きます


   平成29年3月25日(土)  

今日からいかるがホール切り絵講座の展覧会が始まりました。4月8日(土)迄です、火曜日は会場が休館日です。 切り絵講座受講生の心を込めた作品が24点展示されています。是非ご覧下さい。
各作品は近々HPのクラブ紹介→斑鳩文化講座のページにUPしますのでご覧下さい

                     
展示会案内状展示の模様

                     
ギャラリー展の模様同左同左


平成29年3月13日(月)  

今日は前回の続き、「健康十訓」をお届けします。これを良く守っていれば5年は長生きできるのでは???                      
健康十訓その1健康十訓その2


  平成29年3月9日(木)  

今回の雑記帳はさるところで見つけた「長寿心得」と言う張り紙です。ご参考まで。                                     
長寿の心得


    平成29年3月2日(木)  

今年もあっという間に3月です。寒さもあと一息でしょう、でも花粉症が少し心配です。もうすでに感じている方もいるでしょうが加齢になると花粉症も遠慮するのか 私は今のところ症状はありません。

3月になると色々な展示会が開催されます。私の知っている範囲でいくつかを列挙してみます。
①  3月17日(金)~19日(日)   斑鳩町公民館祭り      斑鳩町中央公民館
                     いかるが切り絵クラブとして出展します
②  3月25日(土)~4月8日(土)  いかるがホール切り絵講座展 いかるがホール
                   教室の1年間の成果発表展で20数点展示します
③  4月5日(水)~11日(火)    久保 修先生個展      阪急うめだ本店
                      久保先生の作品展、是非ご覧下さい
④  4月12日(水)~16日(日)   斑鳩美術協会展       いかるがホール
                     切り絵も数点有ります

秋には切り絵グループshu展、いかるが切り絵クラブ展、エルダー切り絵クラブ展、斑鳩町文化芸術祭展示部門などが予定されているので少しは新作も作らなきゃっとの想いです。
写真はいかるがホール切り絵講座展の案内ポスターです。                                    


  平成29年2月23日(木)  

昨日の朝は少し冷えたためか朝出かけたとき奈良では少し変わった気象現象を見ました。
それは飛行機雲です。このあたりでは時々見るのですが今日は10数本の飛行機雲が見れました。オランダなど北ヨーロッパでは縦横無尽の飛行機雲を見ましたが 大和平野ではあまりないことです。写真を撮ろうと思ったのですが運転中のため取りそびれました。
飛行機雲そのものは珍しくありませんが上空の空気が冷たくジェットからの水蒸気が凍り雲に成ったのでしょう、風があればすぐ乱れるのですが 長い時間残っていたというのは上空も風が少なかったのかな?


平成29年2月18日(土)  

昨日今日は少し暖かく過ごしやすくなっています、でもまだこの先三寒四温を繰り返しだんだん春になってきます。 日もずいぶん長くなってきました、冬至の頃は16時半と言えば暗くなったのに今では1時間ぐらい延びました。
今日の画像は先日エルダー教室の教材に出した「流し雛」を早速完成しメールで送ってきてくれた受講生(クラブの代表)の作品です。
                                 
流し雛
カレンダーの上に置いた演出です


     平成29年2月8日(木)  

このところ寒さが厳しい日が続きます。2月は最も寒い月ですから仕方ないのでしょうが暖房費が良くかかります。
少しご無沙汰していました、体調は良いのですが色々行事があったり、新たな仕事を頼まれてそれにかかっていたなどで更新できませんでした。
2月1日・2日と毎年恒例の友人夫妻と義兄と5人で丹後へ行きました。今年は雪が多いと報じていたので少しは雪景色の道をみれるかな?と思っていましたが 全くありません、周囲の山中には雪が積もってますが路上は無し、少しがっかり。帰りは天橋立へより日本三文殊の一つ文殊様で有名な智恩寺へお詣りしました。 来年は孫の入試を控えているので早々とお詣りしお願いしてきました。
                                             
天橋立「知恵の輪灯籠」と
回転橋
智恩寺の多宝塔少し変わったおみくじ

                                                          
蒸しかに刺身盛り合わせかに味噌

                                                           
焼きかに天ぷらかにすき

                                        
焼きあわび朝食

               平成29年1月25日(水)  

先週、北陸へ行ってきました。恒例に成っている兄弟姉妹たちの集まりです。
出発日の前まで天気が悪く北陸も雪だと思ってましたが行っていた間お天気に恵まれ、北陸地方の冬としては大変珍しく朝から快晴でした。 積雪も少なく路上は0でした。結果的に昨日から又大雪らしく良い日和に恵まれました。
北陸新幹線の開通で、沿線都市中1番恩恵を被ったと思われる金沢の町、至る所でアジア系外国人の言語を聞き乍ら我々も雪と雪吊りのある兼六園、 ひがし茶屋街、城公園、近江町市場など久しぶりに冬の金沢を散策しました。
さすが北陸一の町、加賀百万石の城下町すばらしい発展遂げている町の様子を見て参りました。
                                             
宿の夕食お品書きお刺身盛り羽咋の砂の像

                                                          
雪のかぶった金沢駅前の大屋根ひがし茶屋街べんがら格子の店

                                              
兼六園の雪吊り雁行橋金沢城石川門


平成29年1月22日(日)  

今年も「呆け防止と肺機能維持」のためカラオケを大いに活用しようと思っています。
そんな私の思いを代弁するような「カラオケ効能書」を見つけました、興味のある方はご一読され実践されることを念願します。                                          
カラオケ効能書


      平成29年1月15日(日)  

1月も15日が過ぎました。お正月気分もすっかり消え寒い日が続き縮こまっています。ここ数日猛烈寒波の襲来で各地で大雪の様子が放映されています。山陰・北陸・信越・東北・北海道の の他東海や近畿でも雪が降り積もっています。
毎年この時節に行われる大学入試共通一次試験の受験者には大迷惑な話です。でも入学の時期を変えない限りつきまといます。覚悟の上準備をして受験するより仕方ないでしょうね。
冬至も過ぎ最近少しづつ日が長くなっています、まだ春に成るには少し遠いですが植物はひっそりと春を迎える準備をしているのでしょう。
私も寒い時期は無理をせず風邪を引かないように、手洗いとうがいをこまめに行っています。
♪はーるよ来い、はーやく来い♪の心境です。

平成29年1月3日(火)   

新年明けましておめでとうございます。
穏やかなお天気の新年が始まりました。いつもと同じ一日の始まりです、と言ってしまえば身も蓋もない感じ、せめて気分だけでも「これから新しい1年が始まる」 と言う心構えで過ごしていきます。読者の皆さん、今後とも宜しくお願いします。

今年もなんとか元気で過ごせるように神頼みをしてきました。元日は地元の龍田神社、二日目は久しくお参りしていない天満天神と神様のはしごです。 天神さんはさすがに大勢の人でお詣りするまでに時間がかかりました。
後日本一長いという天神橋商店街を2丁目から6丁目までぶらぶら歩いて見ました。この商店街も少し様変わり、閉店する店・すでに閉店し仮設の店舗のような店も多く見られました。
3日も穏やかですが少し寒さを感じます。今日は多くのカラオケ喫茶の初日です。私もことしの歌い始めに行くつもりですが1週間歌っていないのでどうでしょうか?

平成28年12月31日(土)   

今日は平成28年最期の日、大晦日です。
今年もいろいろありましたが何とか無事年を越せそうです。先日の風邪の影響か風邪を曳くと困ると言う事で何をしようという気力も湧かず、 年末の仕事は今年は一切しないで年越しを迎えました。寒い間は無理をせずに閉じこもりを決めて怠けています。
でも明日からは新しい年が始まります。イツまでも引きずっていないで少しは気力、体力がつくように自分を叱咤激励?して頑張っていきたいと思っています。
本年中のご愛読有難うございました。来る年も引き続きご愛読いただきますようお願い申し上げ年末のご挨拶と致します。

皆さん良いお年を元気でお迎え下さい。

平成28年12月25日(日)   

9日に風邪を引き呼吸が苦しかったのも昨日あたりから呼吸を感じなくなりようやく風邪モードから脱出できたようです。一時は外も歩けず家に閉じこもっていましたが 歩けるようにも成りました。数日前の寒さが終わり今日は小春日和というのでしょうか暖かいので気持ちまで温かくなってきます。
今日はクリスマス、キリストの世界では大切な日なのでしょうが私達には何の感動もありません、かつて仕事柄、取引先からケーキの購入を頼まれ三つも四つも家に持ち帰ったのを思い出します。
話は少し変わりますが、最近高齢者の自動車事故が報道されます、ブレーキとアクセルを踏み違えたとか、途中で意識が無くなったとか、自分がどこを走っているのかわからなくなったとか・・・ いろいろな事がありますが高齢者の方から言わしてもらったら、交通事情の良い大都会ならともかく車が足の大部分の地方では、移動手段として車は欠かせないのでしょう。
実際私の場合でも今車がなければ行動範囲は10%ぐらいになり閉じこもり、引きこもり現象を起こしそうです。事故を起こさぬよう夜間は乗らず、時間にゆとりを持ってゆっくり運転するなど 自制しています。
最近年寄りのことを謳った「シルバー川柳」をよく見ます。この雑記帳でも少し前に掲載した「81歳と18歳の違い」等も笑い抱腹ものです。 今日は又新しい「シルバー川柳」を見つけましたので前のと並び掲載します。なるほどわかる、わかると同感しますがまだ自分はそこまで行かないな、って自賛しています。                                          
シルバー川柳1
                    
          平成28年12月21日(水)   

今年も後10日となりました。私にとって今年も切り絵とカラオケと病院通いで終わりそうです。
1年の早いこと、あと何回年末が迎えられるのか・・・なんてことを考えるより、来る年も元気で楽しく過ごせることを考えましょう。

○切り絵について・・・今年の展覧会 7回、作った作品数 大小とり混ぜて 7作、下絵・制作途中の作品  3作、来年の展覧会に備えこれから準備するという自転車操業の症状を呈しています。でも私は切り絵をしていると気持ちがゆったりします。視力と気力と根気の続く限り 制作をしていきたいと思っています。

○カラオケについて・・今年に覚えた歌 48曲、ステージで歌った発表会 5回、カラオケ喫茶の回数 数知れず週2~3回のペース 新曲を覚え、お腹から声を出して呆け防止と思っています。

○病院通いについて・・今年前半は持病の呼吸器系の病気で薬の適合性を見るための入院、退院後の副作用皮膚障害に悩まされました。薬の一部を変更してようやく落ち着きました。
最近も風邪が元で呼吸困難になったりして爆弾を抱えながらの生活が続きます。Drからは風邪を引くと肺機能が落ちるので極力風邪を引かぬようにと言われますが 完全な予防方法が無いので極力疲れないように、無理をしないように、睡眠を十分とるように心がけたいと思います。

○旅行について・・・・来年が私達の「金婚式」になるのですが、来年のことはわからないので、今年後半の体調の良いときに「プレ金婚式」として海外旅行に行きました。 写真は結婚記念日の船室の飾り付けです。添乗員の配慮を感じました。
なるべく楽な旅をと考え「船で巡るハワイ4島クルーズ 10日間」というのに参加しました。ハワイと言えばホノルルばかりが言われますが、そのほかの3島にもすばらしい 観光資源がありました。生きている地球を体感できる島、人を寄せ付けない断崖絶壁などハワイを改めて見直す旅でした。
国内旅行も恒例となっている、兄弟会の旅行、友人夫婦と冬のごちそう「蟹」旅行、趣味仲間との北九州旅行、夫婦での瀬戸内海ゆったり旅などに行きました。

恐らく来年も今年と同じパターンで過ぎていくと思っていますが、体力次第でがらっと変わった生活になるかもしれません。穏やかな年となりますように念願しています。

今日の写真は少し見にくいかもしれませんがあるところに掲示してあったものです。読めれば読んでみて下さい                  
                           
書き物1書き物2

                                       
記念日の船室飾り


  平成28年12月13日(火)   

昨日、エルダー切り絵教室の今年最終の教室でした。全員の15名と講師二人の17名です。
この後近くの店で忘年会をしました。芸達者な方がいて楽しく座が賑わいました。                                             
教室の模様です


  平成28年12月11日(日)   

先日行われた「第8回 いかるが切り絵クラブ」の展示模様です。作品はクラブ紹介のいかるが切り絵クラブのページでご覧下さい。
                                                 
会場の展示模様

                                                   
会場の展示模様


  平成28年12月9日(金)   

一昨日、久しぶりに大阪へ出ました。切り絵グループshuの例会です。12月は忙しい方が多いのか欠席者が多かったです。
でもこの会は熱心な方が多く下絵を持ってきて色々人の意見を聞いたり、作品を持参し披露される方が多いです。
久しぶりの大阪なので色々用事をためておき済ませました。街中を歩いたときの画像です、ご覧下さい。
                                                 
例会の場所より見たビルの谷間の紅葉した樹です街の酒屋の看板地下鉄のホームに有るイラスト


  平成28年12月2日(金)   

今年も後30日、慌ただしい師走になりました。今月は忘年会など飲む機会が多くなりますが、それぞれの体調に合わせ調整することが必要です。 少し寂しい事ですが最近は「飲」「食」とも量的に衰えを隠しきれません。飲みたくても飲めない方もおられる事を考えると贅沢は言えませんね。

今日は先日29日に有りましたカラオケ発表会の時のゲストの方たちの写真をUPしました。
一人というか1グループは、現在歌謡曲部門のギター演奏の第一人者、斉藤 功氏とそのグループ・東京キッズの4名です。カラオケ界では斉藤氏のギター伴奏による 曲目で歌唱する人がいます、通常の伴奏より少し難しいと思いますが何となくセンチメンタルな感じでファンが大勢です。 もう一方は、青木美保さんといい、30年のキャリアのある歌手で今は「海燕」と言う歌がヒットしています。
私も成世昌平の「南部風鈴」を一曲歌いました。音響の良いホールで、良いマイクで唄うのは気持ちの良いものです。                                            
ギター奏者・斉藤 功氏東京キッズのメンバー同じ

                                                  
歌手・青木美保さん同左


             平成28年11月18日(金)   

14日から大阪の「切り絵グループshu」の有志の方たちと北九州へ旅をしました。幸い天候にも恵まれ、仲間たちと楽しい旅が出来ました。
初日は唐津へ行き唐津焼の窯元を訪ね、その後唐津くんちの引山展示場を見学しました。二日目は呼子で朝市を見学、水産物の買い物をし、次いで 豊臣政権の足を引っ張ることとなった朝鮮戦役本土側の拠点となった名護屋城跡を見学しました。
今では想像すべくも有りませんが壮大な陣構え、各武将の配列など時の秀吉の権力の大きさを真の当たりし驚きと壮大な気宇を感じてきました。
三日目は柳川のどんこ舟下り、良いお天気の中ゆったりした気分で旅をしてきました。写真を何枚かUPしますのでご覧下さい。
博多駅前の道路陥没現場、すっかり埋められて通行が出来るようになっていました。
                                                
唐津焼窯元の登り窯
今は使われていません
唐津くんちに使われる曳き山かつての唐津城の模型

                                                   
ホテルから見た唐津湾の島肥前名護屋城の石垣佐賀県立名護屋城博物館
無料で見学できるすばらしい建物

                                       
柳川舟乗り場に吊されたビニールのいか?

                         
呼子で昼食に頂いた「いかさし」柳川で昼食に頂いた「鰻重」


  平成28年11月13日(日)   旅行記第9回 最終回

今回旅したハワイ四島クルーズ旅行の紀行はお仕舞です。最終回は少し楽しい写真です。
それは今回乗船した Pride of America に観光から帰ると毎日船室のベッドの上にタオルで作ったアニマルが置いてありました。 うまく作っているので一目でどんなアニマルかわかります。皆さんも多分同じでしょう。部屋係の皆さんの心の和むおもてなしです。ご覧下さい。
極めつきは、ツアーに参加している人たちの自己紹介があったとき私達の今回の旅行がプレ金婚式で旅行中に記念日を迎えます、と話していたのを添乗員さんが覚えていて 10月21日観光から帰った部屋にすてきなデコレーションと、添乗員さんからのお祝いのメッセージと品物が置いてありました。
誕生日を迎えたは人には食事の際大々的に祝ってくれるのですが結婚記念日は何もないと考えていたので、驚きと感激で一杯でした。
ツアー会社のしきたりなのか、添乗員の心づくしなのかいずれにせよ忘れられない旅行となりました。                                           
タオルアートその1「うさぎ」その2「わたりがに」

                                              
タオルアートその3「ブタ」その4「オランウータン」
今日はないのかなと思ったら家具の上からぶら下がっていました

                                                                   
タオルアートその5「蟹」その6「白鳥」
記念日お祝いのメッセージを添えて

                                                   
部屋の飾り付け

  平成28年11月12日(土)   旅行記第8回 オアフ島

今回のハワイ四島クルーズもいよいよ終わりに近づきました。オアフ島は最初に着いたとき半日だけ島内を観光し午後乗船したのですが、 今回もこの島には二日と言っても最終日は朝空港に行くため、実質1日ですが観光し午後はワイキキを自由行動しました。
オアフ島は1545km2、最高標高1220m(カアラ山)、ハワイ諸島で3番目の大きさ、人口はハワイ州最大の約91万人州全体の80%がこの島に住んでいます。 州庁もこの島にあり政治・経済・観光の中心となっています。特にホノルルは国際空港等主要施設がありその中のワイキキは世界有数のリゾート地となっていて オアフ島の大多数のホテルはこのワイキキにあります。
昨夜の内に荷物をトランクに詰め廊下に出しておき朝Pride of Americaを下船し、次に荷物を受け取るのは今夜宿泊するホテルハレクラニと言う楽な旅です。
待っていたバスに乗り日系のガイドさんの流ちょうな日本語で説明を聞きながらまず行たったのが、真珠湾(パールハーバー)です。ここでは入場するのにカメラ以外、 女性のハンドバックも持ち込み禁止という厳しいチェックを受けました。かってのニューヨークの爆破事件以来一段とチェックが厳しくなったそうです。 アメリカが大戦の忘れざる記録としてこのパールハーバーを保存し国民の意思団結に未だに利用しているのを見ると、私達日本人も原爆の記憶を忘れることなく 大切に保存し世界の人々に啓蒙していくことが残った日本国民の使命ではないでしょうか。パールハーバーを経験した人が後5人?とかいってましたが、 日本も同じく被害に遭った方が年々少なくなりその経験を語るひともいなくなって行くのは時代の変遷で仕方ないことですが、この経験は風化させてはならないことだと思います。

次に行ったのは「ハワイ移民村」です。このハワイで移民が始まったのは外国人がもたらした疫病のため人口が急激に減少しサトウキビ産業が立ち行かなくなり 安い労働力を求め始めました。中国、日本、韓国、ノルウエー、プエルトリコ、フィリッピンなどの移民が労働者として導入されたそうです。
この移民村はNPOが当時の模様を再現し運営していますが、村を説明してくれた担当者も学校の先生をしながらここのメンバーとして活動しているそうです。 多くの日本人がハワイを訪れますが、ここを見に来てくれるのはほとんどいないと言うことで、出来れば私達にこんな所も有るよと宣伝してほしいとのことでした。 私達の先祖が大変苦労をし今の反映があると言うことを忘れないでほしい、とも言っていました。                                          
日立の樹として有名なモンキーポッド(アメリカネムノキ)
高さ25m・最大枝幅40m・幹回り7m
バニヤン(ガジュマロ)
枝から垂れ下がった気根が地面に届きさらに大きくなっていきます

                                           
ハワイを統一し王国を築いたカメハメハ大王の像ダイヤモンドヘッドを背景のワイキキビーチ
常夏とはいえ夏の盛りも過ぎたビーチはさびしいでした

                                           
今夜宿泊のハレクラニホテル(天国にふさわしい家)ホテルのプールサイド
入っていた人も寒い寒いと言ってました

                                                   
写真の最期は若い新婚のカップルです

平成28年11月11日(金)   旅行記第7回 カウアイ島②

今回はカウアイ島最大の川ワイルア川をクルーズし、かつて日本の俳優など有名人が結婚式を挙げたという「シダの洞窟」を観光しました。 この洞窟、なんで有名なのかわかりませんがもしかして今で言うパワースポットのようなのかもしれません。川からジャングルの中ようなマイナスイオン一杯の道を少し歩き やってきたのがシダの一杯ぶら下がった洞窟でした。奥行きもそんなに深くなく何の変哲も無い洞窟ですが、昔は中に入り結婚式をここで挙げたそうです。少し古い話ですが ヒデとロザンナと言う歌手もそうだそうです。今は大雨で内部や上がり口が崩壊し洞窟まで行けないので前に作ってあるステージで式を挙げるそうです。 私達はここでハワイの歌とフラダンスを見学しました。
夕方船は今回の見所の一つ、船でないと見えない景色、ナパリコーストの付近を航行、高く鋭く切り立った断崖絶壁のすごさに見入ってしまいました。 直前まで霧が巻き見えなかったのが急激に天気が変わりその雄大な姿を見せてくれました。おまけに虹という付録までつけて。                                          
シダの洞窟前のステージでハワイアン音楽とフラダンス
上に見えるのが洞窟

                                           
ワイルア川でカヌーを楽しむ人たち霧のなくなったナパリコーストの一部

                                           
ナパリコーストの詳細霧と晴れ間の間に虹が


  平成28年11月10日(木)   旅行記第6回 カウアイ島①

今回から三つ目の島「カウアイ島」です。この島は面積1431km2、人口6570万人、ハワイ諸島の最北端直径50kmのほぼ円形をしています。陸地としての形成時期は500~600万年前に 海上に姿を現したようです。中央のワイアレアレ山(1570m)の影響で太平洋からの貿易風が遮られ、島の東部と西部では気象条件が極端に変化します。
西部のケカハでは年間降雨量が300mmに満たないのに、東部のリフエでは年間降雨量1800mm、山頂では12000mmもの雨が降り、その豊富な水による浸食作用がワイメア渓谷や、 ナパリコーストと言った独特な景観を形成しました。
1778年ハワイ諸島に到達した最初のヨーロッパ人となったキャップテン・クックが上陸したのが西部のワイメアでした。
かつてはサトウキビによる製糖産業が主でしたが20世紀に入りコーヒー産業への転換が行われています。観光客も以前はオアフ島に次ぎ多かったのですが1992年のハリケーンのため 観光資源が大きな影響を受け現在は減っています。がワイメア渓谷や、ナパリコーストと言った独特な景観は他の島では見られない景色です。 そのワイメア渓谷は太平洋のグランドキャニオンと言われていますが尾根は切り立ちえぐられた谷は1100mも有り、展望台から見てもこんな小さな島にこんな景色があるのかと驚きです。                                          
潮吹き岩
溶岩の裂け目から大きな波が来るたび海水が吹き出します
バナナの葉で編んだカゴ
編んでいるところを写真に撮っていいかと聞いたらノウハウだと言わんばかり編むのをやめてしまいました

                                            
ワイメア渓谷に流れ込む一筋の滝写真ではその雄大さを表現できません


平成28年11月8日(火)   旅行記第6回 ハワイ島②

いつものごとく眠っている間に次の寄港地、コナに来ています。ここは水深が浅いのか沖に停泊、上陸は船に備えてあるテンダーボートで行います。
コナの街はかつてハワイ王朝の首都が置かれていたこともあり、ハワイとしては古い建物が残っています。そのうちの一つモアワイカウワ教会は溶岩と珊瑚で作られ街のシンボルとなっています。 コナと言えばやはりコーヒーを思い浮かべますね。コナコーヒー100%はコーヒー通にはうれしいコーヒーだそうです。自由散策で街をぶらつきお昼も適当に食事処に入りました。 何でも大型なハワイのこと、私達も少し考えポークサンドを一つとコーヒーを二つ頼みました。出てきたサンドイッチは予想したとおりばかでかく二人でシェアーして十分でした。
午後オプションツアーの海底遊覧クルーズに乗りました。水深5m前後のすんだ海底は珊瑚やウニ、いわゆる熱帯魚と言われる魚が泳いでましたが数も少なく変化がなく少々期待外れでした。                                                        
上陸用テンダーボートと船桟橋この船3艘でピストン運行で乗客を運びました
この船一艘で90人が乗れます

                                                            
ハワイの歴史建造物モアワイカウワ教会椰子の木越しのPride of America

                                             
コナコーヒー製造直売売店店のマネキン
現地人らしくないところが味噌かな?


                  平成28年11月7日(月)   旅行記第5回 ハワイ島①

今回からはハワイ島です。ハワイ島について少し書いてみます。
ハワイ4島の中で1番南に位置し、ビッグアイランドと呼ばれる一番若い(80万年前に誕生)島ですが、面積は他のハワイ諸島を合わせた2倍の広さ(10483km2)を持っています。 他と比較してみますと日本の四国(18300km2)、台湾島(36000km2)北海道(78000km2)でその大きさがわかると思います。
この島には標高4000mを越える山が2つ、マウナケア山(別名白い山4205m、名の通り山頂付近は雪が降ります。なんと太平洋の海洋底からは9750m、エベレストをしのぎます)と
マウナロア山(4169m、別名長い山、その裾野面積はこの島の半分を占める)有ります。 マウナケアは天体観測に適していると言うので各国の天文台があり、日本の「すばる天文台」もここにあります。
もう一つ気象で見れば、全世界にある13気候帯の内サハラ気候と北極気候を除く11の気候帯がこの小さな島にある、等多様性も持っているハワイ島の概要です。

船が停泊しているヒロからバスで「世界遺産 ハワイ火山国立公園」へ行きました。ここは世界で一番活発な火山活動を、世界で一番安全に観察できる火山として多くの観光客を集めています。 と言うのもハワイの噴火は大抵が爆発でなく、溶岩が流出するからです。
まずはキラウエア火口に行く途中、風が強く帽子が吹き飛ばされそうになり乍ら溶岩台地を歩いたり、溶岩によって出来たトンネル(サーストントンネル)を見学しました。 キラウエア展望台からカルデラ(直径4㎞)の中のハレマウマウ火口(直径900m)から真っ赤な溶岩が吹き出している景色を見ました。いつも見れるというわけでなく、火山活動の強弱により見れないことも多いと言います。 ガイドさんはあなたたちは一度で見れるのはラッキーです、と言ってました。いずれにせよ国内ではすぐ近くで溶岩がでているのは滅多に見れないことです。
帰船し夕食後キラウエア火山から海に流れ込んでいる溶岩を船上から見ました。もう少し近くへ寄ってほしいと思いましたが、闇の中で赤い火が見えるのは驚きです。これも火山活動の状態や その日の天候で見れないこともあるのでラッキーでした。今度は昼間に見てみたいですがかえって溶岩が入水したときの水蒸気で見えないかもしれません。                                          
キラウエア火山の溶岩台地ハレマウマウ火口
小さく炎が見えますね

                                                           
ズームしたところカメラ一杯ズームしました

                                         
夜間に見えた溶岩が流れ込むところ


           平成28年11月6日(日)   旅行記第4回 マウイ島②

出発前のシュケジュールでは今日はマウイ島のイアオ渓谷州立公園を観光する予定でしたが、ハリケーンが来たため渓谷が被害を受け見学できなくなったそうです。
代わりにカフルイの街を散策した後、バスでラハイナと言う街に行きました。この街は1845年までハワイ王国の首都が置かれた古都でした。この街を少し散策し次にトロピカルフルーツ農園 に行きました。電動トラムにて園内を回りバナナ、マンゴー、パイナップル、スターフルーツ、ココナッツ、コーヒーの木、アボガドなどハワイで栽培されている果物や植物を見て回りました。
ココナッツの解体作業を見たり試食したりしましたが、美味しいとは思えませんでした。写真はカフルイの街で見た「ラーメン」の看板とサンプル、ココナッツ解体の様子です。                                          
ココナッツの殻むき
鋭く尖った先にさして殻をむいていきます
ココナッツの殻の内側
この白いところを食べたのですが美味しくなかったです。

                                            
ラーメン店の看板メニュー写真
麺、汁はどんな味かわかりませんがそれらしい写真です


   平成28年11月4日(金)   旅行記第3回 マウイ島①

今回はマウイ島です。我々が眠っている間に船は航海し朝マウイ島カフルイの岸壁に停泊しました。
オアフ島とハワイ島に挟まれたこの島は渓谷の島とニックネームがついているように起伏の激しいダイナミックな地形が特徴です。 まず見学したのが「ハレアカラ国立公園」です。カフルイの港よりバスでうねうねした坂道を上がり標高2000mの観光案内所で少し休憩。 このあたりから銀色の葉を持つ「銀剣草・アヒナヒア」はここだけで見られる植物です。この植物は最終的に開花するまでの最高50年間銀色の細長い葉を持ち、 花は一生に一度しか咲かず、花が咲いた後は枯れていきます。
バスはさらに標高を上げ3000mで頂上近くの展望台に到着です。マウイ島のシンボルともいえる3055mのハレアカラ火山、現在は休火山ですがその噴火口は周囲34km 深さ1000m、壮大で神秘的な景観はまるで地球でないような錯覚を感じさせます。ちなみに映画の「2001年宇宙の旅」がここで撮影されたそうです。 写真ではその壮大さを十分お伝えできませんがいくらかでも感じて頂ければと思います。                                          
銀剣草・アヒナヒア
溶岩の中のわずかな水分と強風に耐えて生えています
花の咲いているところ
この草も枯れていきます

                                           
ハレアカラ火山のクレーターまるで月の世界のような景色


  平成28年11月3日(木)
今日は文化の日、各地で色々な記念行事が催されていると思いますが斑鳩町でも「斑鳩の里文化芸術祭」の記念式典がありました。 オープニングセレモニーで、和太鼓いかるがの女性メンバーに依る演奏があり、国歌斉唱により式典が始まりましたが久しぶりに国歌を歌いました。 町功労者、美術展入選者(各部門代表者)があり、アトラクションとして斑鳩の三つの小学生による「能演舞」等がありました。小学校で能を教えているところは少ないと思いますが 斑鳩は金剛流の発祥の地としてその伝統を続けているのだと思います。今日は旅行記をお休みし展示会(工芸部門)の模様をUPしました。                                                    
切り絵展示模様同左招待者・審査員の作品

                             
陶芸など展示模様同左


  平成28年11月1日(火)   旅行記第2回
今年も早11月に突入しました。言い古された言葉ですが「光陰矢のごとし」をつくづく感じます。これからの一日一日を大切に楽しく過ごしていきたいと思っています。

今日は乗船した船の設備について少し書いてみました。大きなクルーズ船をご存じの方はすでにおわかりと思いますが、私は初めてなので食事や、レクレーションなどどうなるのかと 思っていました。実際乗船して慣れてくると時間の使い方、食事の仕方、レクレーションの見方、その他船内施設の利用についてだんだんわかってきました。
何より楽だったのはドレスコードがなくいつでも自由な服装でおられる事でした。事実外国の方たちはほとんどが半ズボンアロハシャツで長ズボンをはいているのは東洋人ぐらいでした。 ただ船内は冷房も良く効いているので外との温度差を少し感じました。
レストランも有料・無料を含め13ケ所、バーラウンジ類9ケ所、娯楽施設などシアター、プール、フィットネス、カードルーム、インターネットルーム、 アートギャラリー(オークションもやっていました) 等時間をつぶすには事欠きません。新しい経験をすることは頭の刺激になりいいことでしょう。 食事の味については我々の慣れた味とは違うのは当然ですがハワイ風の味は結構行けました。果物は豊富にそろっていたし、野菜類も結構あったので助かりました。                                               
船のメインホール、フロントなどがあるその天井部

                               
プール船室


平成28年10月29日(土)   旅行記第1回
今日は、今回の旅行の足となり、宿となり、食事処となったクルーズ船「Pride of America」について書いてみます。
船の概要は
○総トン数   80,439トン
○航海速力   22  ノット
○全  長   281  m  
○全  幅   32   m  
○航海速力   22  ノット
○デッキ数   14  デッキ
○乗客定員   2186 名
○乗組員数   917  名  

私は今まで川船ツアーは何回かしたのですが海船は初めてでその大きさにびっくりです。飛行機でボーイング747のような大きな物体がどうして空を飛ぶのか不思議でしたが 今回の船もこんな大きなのがどうして浮かぶのか、理論的にはわかるのですが感覚的に不思議に思います。
セキュリティーも非常に厳しく、毎回船へ帰るときは常に手荷物、身体検査とパスポートと乗船カードの提示が求められ、しかも飲料水を含む液体類は一切持ち込み禁止と言うことでした。
船首と船尾、どちらを向いているのか最初はわからなかったのですが、工夫がしてあり床のカーペットで自分が歩いているのは船首方向なのか船尾方向なのかわかるようになっていました。
レストラン、アトラクションなど多彩で過ごし方一つでいくらでも楽しんで過ごせるようになっていました。
乗客も色々な国の人が乗っているし、服装もフリー、ドレスコード一切無しというカジュアルな船でした。とにかく乗船から下船までの8日間トランクの移動無しという楽な旅行でした。


                                 
停泊中の Pride of America船の断面

                                               
船首方向船尾方向

                                                  
船の模型沖に停泊中のPride of America


  平成28年10月27日(木)
ようやく秋らしくなってきたようです。皆様いかがお過ごしでしょうか。 この雑記帳少しの間ご無沙汰していましたが又再開致します。宜しくご愛読下さい。

私達夫婦は来年金婚式となりますが、私の体調がよくなかったときに来年旅行できるかわからないので、それなら少しは早いほう良いだろうと言うことで 思い切って今年に「プレ金婚式記念旅行」してきました。海外はだんだん億劫になりますが少しでも楽に旅できるようにとクルーズ旅行しました。
今回「ハワイ4島クルーズ巡り」です。連れ合いはハワイはすでに行っているのですが私は初めてです。ハワイ好きの方は毎年のように行かれるようですが 一回の旅行で4島見て回り、しかも海からしか見えない景色を見てみたいと少し欲張りなプランを満足してくれるのは船による島巡りしか有りません。
と言うわけで10日間旅行してきました。手前味噌ですがこれから何回かに分けて掲載していこうと思います。                                         
今回の旅行のあらまし